☆押してね
ブログランキング・にほんブログ村へ
☆ありがとうカウンター
☆おともだちぃ~ ブログ
是非、覗いてくださいヾ(´▽`*)ゝ為になる内容が待ってますよ(^-^)v

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、今日の相場は(^。^)y-~さて

日経平均…動かず( ̄ー ̄)

只今、様子見中(^〇^)
スイングポジが伸びない┐( ̄ヘ ̄)┌
スポンサーサイト

さて、今日の相場は(^。^)y-~

FOMC、微妙^_^;
日経平均…がた落ちだし、やり過ぎ(^。^)y-~

ドルストは、定位置から動きませんね(*_*)
どないしようかな!?

今更ながら、モバゲ~の競馬ゲームにハマり中( ̄0 ̄)

さて、今日の相場は(^。^)y-~

日経平均…上げてますが、イマイチ(^。^)y-~
ただ、ドル円は高い(◎-◎;)

ドルストは、こじんまりした動きだ事^_^;
なかなか上値が重いですね(/- -)/やだやだ。。
FOMC後に仕掛けるとします( ̄0 ̄)/

どうする!?中国(^。^)y-~

欧米のSIVに関するスキームと、中国の理財商 品のスキームを、もう一度比べてみましょう。
・中国の理財商品…預金者から資金を集め、信託 を通じて企業にお金を融資する。販売した銀行は 理財商品の損失を補填する義務を負わない。
・欧米のSIV…投資家からABCPを集め、S PEを通じてクレジット市場に投資する。販売し た投資銀行はSIVの損失を補填する義務を負わ ない。


似てる!?同じ!?リーマンショック時と(^^)
欧米の場合は、最終的に銀行が損失補填は致しましたが…
中国が、やるとは思わない┐( ̄ヘ ̄)┌
自己責任だ!で、片付けそうな( ̄ー ̄)
金融危機が起きなくとも、経済の停滞は予測付くと思われます…中国、万事休すか??(^。^)y-~

さて、今日の相場は(^。^)y-~

日経平均…鈍いですね(^。^)y-~
ドル円が不気味に耐えてるのが、、イタイタしぃ(*_*)

ユーロドル…重すぎ^_^;
頑張って!!(^。^)y-~

ポンド君は、順当ですね(^。^)y-~

豪ドル君は、、何だかな~(/- -)/

どこで戻り売りにするか!?(^。^)y-~

どこかの記事です(^。^)y-~

バーゼル銀行監督委員会はしばしば 、自己資本比率規制の持続可能性に関するレポー トを公表しているのですが、どうやら欧州の金融機関の「 内部格付手法」を用いた場合の自己資本比率算定 ルールが日本や米国と比べて非常に甘いということが指摘されています。


どう考えても…欧州連合が1つの国になるとは、想像出来ず…^_^;
問題は、いつ駄目になるか!?…かと、思いますけど…ね( ̄0 ̄)

ユーロドルの今年のレンジ幅を考えてないので…
どこで戻り売りに転換すべきか!?(^。^)y-~
何とか、1・4は超えて欲しいと思ってます(^^)


ポンド君、ぶり返してますね(^。^)y-~

豪ドルドルは、しぶとい^_^;

さて、今日の相場は(^。^)y-~

日経平均…堕ちますね(^。^)y-~
困った時の国債買いに回ってる感じです(^^)

ドル円は、日経平均を追い掛けるならば、100円割れも辞さない流れですね( ̄0 ̄)/

ユーロドル…頑張れ(^^)

ポンドドル…頼みまっせ^_^;

豪ドルドルは、様子見中(^。^)y-~

なるほどね(^。^)y-~

とある記事です(^。^)y-~
パワーダウン中なので、貼り付けだけ^_^;
これから…仕事(◎-◎;)


株式市場にうっすらと雲がかかり始めている感じ がします。今日、木曜日のニューヨーク市場の下 げは中国の景況指数が50を下回ったというのが第 一理由に上がっていますが、実際には始まった四 半期決算に陰りが見えているから、と言った方が すっきりしそうです。

結果として、アメリカの経済先行きに不安感が台 頭、金融の量的緩和の離脱スピードにもブレーキ がかかるかもしれないという思惑から金が大幅上 昇したというのがシナリオです(個人的にはス ピード調整はないとみていますが)。もともとア メリカの株式は買われすぎていてここから先の旨 みは少ないと見られていました。つまり、個別銘 柄で勝負を賭けるという感じでしょうか? そこ に全体の地合いが悪くなる材料が出るとここ数日 のような軟弱な土壌となってしまうのです。

結果としてドルは売られますから相対的に円は買 われる、という話です。日本の株式も厳しいで しょう。

ではアメリカは景気回復のシナリオが崩れたの か、といえば全然そんなことはないのですが、以 前から申し上げていたようにアメリカの景気は匍 匐前進であって過大なる期待がありすぎた、とい うことではないでしょうか?

バブルがなぜ起きるか、いろいろ研究はあると思 います。その中である程度、的確な答えをたった 一言で述べれば「壮大なる中流層の底上げ」なの です。日本もしかり、アメリカもしかり、カナダ もしかり、ヨーロッパもしかりです。バブルが弾 けるのは中流になりたいと思う人が脱落し、再 チャレンジに時間がかかるということでありま す。日本が20年かかってようやく治癒し始めたの は再チャレンジを認めない社会において世代交代 を待っていた、ということではないでしょうか? つまり、アメリカでは早い時期に二度目の挑戦 を挑み、とりあえず、うまくいっているのです が、前回の2006年までのバブルのようには当然な りません。そこまでパワーがないのです。だか ら、匍匐前進であり、期待先行で実態にやや失望 という流れになるのではないでしょうか?

では投資家からすればどこにその資金を持ってい くか、これが問題なのです。アメリカは金融緩和 でドルを4倍に増やしました。しかし、市中に出 回った本当の経済の血となるマネーは4割しか増え ていません。この差は全部、投機に流れていま す。投資とは言いづらいでしょう。今、日本の株 式市場に流れている外資からの巨額のマネーもそ ういう意味ではこれから何十年も日本とともに歩 むつもりは毛頭ありません。儲ければさっさと引 き上げる、そういう類のマネーであります。

ならば、日本の株式市場は期待薄かといえばそう とも言えません。なぜならマネーが向かう先が当 面、他に見当たらないからであります。但し、何 か理由があればすぐに逃避するということだけは 肝に銘じておくべきです。

そしてそれは市場が事実を表から見るのか、裏か ら見るのか、このポジションで雲泥の差が出ると いうことです。

例えば、日銀がやるかもしれないと匂わせている 追加の金融緩和。これはアメリカからすれば「20 年経っていまだに出口が見いだせない日本経済に 将来性はなく、日銀の追加金融緩和は目先、その 出口政策すら立てられず、ボディブローとなる」 という解説が主流となってもおかしくはないので す。それは世界のリーダーのボイスがどちらに向 かうか、それだけです。世の中には答えがたくさ んある中で政治的にどれを選択するか、という ゲームである、としたら過激すぎるかもしれませ んね。しかし、世界とはそんなものではないで しょうか?

日本は手のひらの上で踊らされてないよう、しっ かり、大地に足をつけて日々の経営に切磋琢磨す ることがよいのでしょうね。

やるのぉ~(^。^)y-~

ポンド君…急落しよってからに( ̄ー ̄)
どこかで買い増しだな(^^)
ポンド円は、様子見(^。^)y-~

ドル円は、日経平均と比較すれば…
100割れも有り得る水準なので、、お気を付けを!!(^〇^)

ユーロドル…頑張れ( ̄0 ̄)/

後は、豪ドルドルの狙い目を考えます(^〇^)

ポンド君は、強いか!?(^。^)y-~

とある記事です(^。^)y-~

英国債に関する「ブル・ラン」(強気相場)が終 わりつつある、というFTの記事が出ています。 これは、1990年代初頭に10%を超えていた英 10 年債利回りが2012年8月に1.43%という「300年 で例のない低水準」にまで低下したという「債券 高」局面が終息を迎えつつある、という主張です 。FTによると現時点の英国債(ギルト)の利回 りは10年債が2.82%で、年初からやや低下してい るものの、それでも2012年8月の水準と比べると 「利回りの絶対値は倍近い」水準にあります。F Tは英国経済が好転しつつあるという状況の中、 アナリストやトレーダーが「英国債のブル・ラン の終了」を予想していると指摘。英国経済の回復 が本格化する中で、英国の中央銀行であるイング ランド銀行(BOE)も金融引き締めに向かう見 通しが共有され始めていると述べていますが、こ れはユーロ圏とは真逆の動きでもあります。



英国経済が回復してるとは思いませんが…
当面、ポンド君は強いかと…思います(^^)

しかし…
ポンド円の放置ポジは、微益で終わりましたとさ┐( ̄ヘ ̄)┌
こんな下がって来るとは、やりますな(^。^)y-~
まぁ、また、買うだけです(*^^*ゞ

184台予想に変更は有り得ません( ̄0 ̄)/

取り敢えずは、ポンドドルとユーロドルに期待します(^〇^)
☆言葉のちから《好きな言葉》
《THE ANSWER》 人生において、幸せも不幸せも(^^) 仕事において、成功も失敗も(^^) 相場において、勝ちも負けも (^^) 今ある状況、それが『答えです』。 受け入れ難い現実ならば、絶対の努力をすべし。 努力なき者に、目指すべき場所への道は出来ない。 道が出来れば、チャンスはあります(^^)v
☆ブログのテーマ
『共に勝つ』。。。 まずは、僕が勝ち続けなければなりませんので、 頑張ります(^^)v トレードは常に公開します。
☆座右の銘
できるできないじゃない。やるかやらないかだ。
☆FXマイルール
トレードを、とことん楽しむ(^^)v
☆FXの経歴・トレード手法
FX歴は約1年。。トレード手法は、stop狩り手法です。情報を調べ尽くし、後は瞑想にて、ターゲット値を決めてます。
☆心に刻もう~相場の名言~

presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

☆僕の情報。押してみて(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。